不動産登記について

不動産登記とは

 子供のころに、自分の持ち物に名前を記載したとことがあると思います。
 理由はその持ち物が誰の持ち物かをみんなにわかるようにするためです。

 それと同様に
不動産(土地・建物等)も不動産の取引の安定のためなど、
 誰がその不動産を所有して
いるかをみんなにわかってもらう必要がありま
 す。もちろん土地や建物にペンキで直接書
き込むわけにもいかないので、
 その代わりに国が備えた公簿(不動産登記簿)に所有者や
さらには担保権
 の有無やその内容等を記録して広く一般に公示することによって、不動産

 取引の安全と円滑を図っております。

 不動産登記には色々な種類がありますが、主だったものを挙げます。

   抵当権抹消登記(住宅ローンの完済)
   相続、遺言に伴う所有権移転登記
   売買、生前贈与に伴う所有権移転登記
   その他の不動産登記

 

▲このページのトップに戻る