破産手続きについて

破産手続きは先程も申し上げたとおり、「破産」と「免責」という2つの手続きがあります。ですので、破産の決定だけがあっても免責許可の決定がない場合は「支払いができないのは認めるが支払いはしなさいよ(=支払わなくて良いとは認めない)」となるわけです。                                          
免責許可の決定が下りない場合(免責不許可事由)とは破産法に列挙されています。                              
例えば『浪費やギャンブルなどを理由とした借金の場合』などがそれに該当します。ただし、免責不許可事由に該当した場合でも『100%借金が免除されない』ということではありません。免責を許可するか、不許可にするかは、借金をするに至った経緯や、自己破産をされる方の家計の収支、財産状況、など様々な事情を総合的に考慮したうえで、裁判官が最終的な判断を下すからです。                                       
免責不許可事由に該当する場合であっても、専門家にご相談をされることをお勧めいたします。

 

▲このページのトップに戻る