個人民事再生の種類

個人民事再生の種類 個人民事再生の手続きには以下の2種類があります。

@ 小規模個人再生                                A 給与所得者等再生 

2つの手続きの違いはいくつかありますが、主な違いは以下の通りです。 

@ 民事再生手続を裁判所へ申立てる際の要件                      A 再生計画案に対する債権者の同意が必要か不要か                       B 最低弁済額の基準 

                                                                                                                              @民事再生手続の申立の要件                                    

小規模個人再生                                           1 将来において継続的又は反復して収入を得る見込がある。                        2 借金の総額が5,000万円を超えないこと。                                     

給与所得者等再生                                             1 将来において継続的又は反復して収入を得る見込がある。                       2 借金の総額が5,000万円を超えないこと。                           3 給与またはこれに類する定期的な収入を得る見込みがある者。                     4 3の額の変動の幅が小さいと見込まれるもの。  

以上のように給与所得者等再生の方が申立てのための要件が多くあります。                   尚、給与所得者等再生の要件を満たすことができる方は、同時に小規模個人再生の要件も満たしておりますので、どちらの手続でも可能になります。

                                                                                                                               

A再生計画案に対する債権者の同意が必要か不要か                              

小規模個人再生の手続において再生計画案は債権者の同意が必要になります。                  *ただし債権者全員の同意が必要なわけではありません。これに対して給与所得者等再生の手続きにおいては債権者の同意は必要ありません。

           

B最低弁済額の基準                                                     個人民事再生の手続きによって、今後支払うべき金額は、「最低弁済額」と「所有している財産の総額」のどちらか多い金額のほうになります。ただし、『給与所得者等再生』の手続を利用する場合は「最低弁済額」と「所有している財産の総額」と「可処分所得の2年分」の中で、一番多い金額が今後の返済額となります。   

詳しくは民事再生手続の特徴『債務が減額される』をご覧ください。

▲このページのトップに戻る