破産

破産手続きは「借金額が大きくなり返済の見込みがなくなった(支払不能)時
に、裁判所にその旨を申立て、借金を免除してもらう」制度です。                                          
破産手続きは債務者または債権者から申立てをすることができますが、債務者
から破産手続きの申立てをすることを「自己破産」といいます。                                      
破産手続きと他の手続きの大きな違いは「借金の免除」でしょう。 破産手続
きには、「破産」と「免責」という2つの手続きがあります。破産は「支払い
ができないことを認めてもらう」手続きで、免責とは「支払わなくて良いと認
めてもらう」手続きになります。                                               
破産の決定だけがあっても免責許可の決定がない場合は「支払いができないの
は認めるが支払いはしなさいよ(=支払わなくて良いとは認めない)」となる
わけです。         

なので、上記「借金の免除」とは「破産の決定」+「免責許可の決定」の2つ
をうけなければならないことになります。
                                             

 

  →破産手続きの特徴    

  破産手続きについて    

  免責について

▲このページのトップに戻る