売買・贈与

不動産を売った(買った)・贈った(与えられた)場合

不動産を売った(買った)【売買】・不動産を贈った(与えられた)【贈与】場合は、その不動産の所有者が変更されるわけですから不動産の売買または贈与を原因として不動産登記簿上の所有者の名義も変更する必要があります。

不動産登記とは誰が所有者であるかを証明する国の制度です(不動産登記とは参照)。
不動産の売買や贈与をしたにも関わらず所有者の名義を変更しないということは、買主または受贈者は自分が所有者であるということを第三者に対抗することができなくなります(主張はできますが主張をするための証拠がないですよね。少なくとも国が用意した不動産登記という制度は利用できなくなります)。
最悪の場合は売主または贈与者が別の第三者に不動産を売買や贈与してしまうことがあります(不動産の二重譲渡)。そのような場合には、原則として先に不動産登記簿上の所有権の名義を変更した者が権利を取得することになります。 

このようなトラブルを防止するために司法書士を利用し、速やかに登記の
お手続きをとってください。

 

 

▼売買・贈与での登記のお電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼
         TEL : 0466-47-6512
          受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る