相続・遺言に伴う所有権移転登記

相続とは?

相続は人が亡くなると発生し、遺産を遺言または法律に従って相続人が承継をしていきます。承継するものは亡くなられた方の一切の財産(預金・不動産・債務等)と多岐にわたります。                                                 承継する財産の中に不動産がある場合はその相続に基づいて登記を申請することになります。
相続は、とても遠い問題のようでついつい後回しに考えがちですが、誰にでもやがて訪れることです。 もちろん、相続が発生したらすぐにお手続きをとらなければならない義務はありません。しかし、そのままにして放っておくと次の相続が発生してしまう可能性もあります。そうすると手続きがより複雑になってしまうかもしれません。
お子様やご兄弟の代まで相続のお手続きを先延ばしにして、お手続きを複雑にしてしまう前
に、皆様方の代で相続のお手続きを済ませてしまうことをお勧めいたします。                                                            相続の形態にはいくつかありますが、以下でそれらについてご説明いたします。

  遺言に基づく登記(遺言書に基づく登記のお手続き)

  遺言に基づく登記以外の登記(遺言書以外での登記のお手続き)

 

▲このページのトップに戻る