法定相続証明情報制度の申請方法

1.「法定相続情報一覧図の写し」の交付を受けるためには?

「法定相続情報一覧図の写し」は「相続を証明する書面」として利用できるために、

当然に「相続」の内容についての正確性が求められます。

 

このため法務局に「法定相続情報一覧図の写し」を交付してもらうためには、1度

「相続を証明するための必要書類」を提出する必要があります。

また、交付してもらうものは「法定相続情報一覧図」の『写し』です。

「写し」があるということは「原本」があるわけで、「法定相続情報一覧図」の

『原本』については申出人(相続のお手続きをする方)が作成をし、「相続を証明

するための必要書類」と一緒に法務局に提出しなければなりません。

(「法定相続情報一覧図」とはイメージとしては「家系図」がわかりやすいかもし

 れません。しかし「法定相続情報一覧図」は決められた一定の内容を記載する必

 要があります。)

提出先である法務局についても一定のルールに従って決められています。

どこの法務局でも対応していただけるわけではありません。

 

2.司法書士は「法定相続情報一覧図の写しの交付手続」の代理をすることができます!

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る