遺言に基づく登記以外の登記手続き

@法定相続
遺言も遺産分割もしない場合は法律で定めた持分(=法定相続分)で相続人は遺産を相続することになります。

 

 配偶者

血      族

 

 持

 

 分

 

 2分の1

 子

2分の1 

 3分の2

 子がいない場合の直系尊属

3分の1

 4分の3

 子・直系尊属がいない場合の兄弟姉妹

4分の1

        *尊属とは被相続人の父母・祖父母など、被相続人を基準にして先の世代をさします。
            ただし、おじやおばは先の世代ですが直系ではないので相続人にはなりません。

 

             例  相続財産が100万円の場合

              @ 配偶者 及び 子供2人
           
配偶者相続分 100万 × 1/2              = 50万
           
子  供      100万 × 1/2 × 1/2 = 25万(子供1人につき)
                 *子供は2人いるため50万円をさらに2分の1で分けています。

              A 配偶者 及び 兄弟姉妹1人
               配偶者相続分  100万 × 3/4 = 75万
                     
兄弟姉妹     100万 × 1/4 = 25万 

 

A遺産分割協議
相続人全員で協議をして上記法定相続分とは別の相続分を定めることができます。別の相続分を遺産分割協議で定めた場合はそれを遺産分割協議書に記載します。相続財産は遺産分割協議を記載した書面である遺産分協議書に従って分けられます。

 

B相続に基づく登記(遺言に基づく登記以外)
相続財産に不動産がある場合、法定相続分または遺産分割協議書で定めた相続分に基づいて不動産登記を申請することになります。 

   

▼▼相続登記についてお電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
                TEL : 0466-47-6512
                受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

お問合せフォームはこちらへ  

   

▲このページのトップに戻る